症状に合わせて適切なところを受診して治療しよう

症状を調べておこう

男性

どのような症状が出やすいのか把握する

結婚が決まると誰でも幸せな気持ちになります。ところが、いざ結婚式や入籍日が近づいてくると、なぜか不安な気持ちになってしまうことがあるのです。いわゆるマリッジブルーといった状態になってしまうことがあります。これは誰にでも起こりやすく、男女共に起こるものでもあります。しかし、どちらかというと圧倒的に女性に多くなっているのです。症状が重たくなってしまうと結婚したくないという気持ちが強くなり、破談という話になってしまってしまうこともあります。お相手との喧嘩が絶えないということもあるのでとても困ることでしょう。そうならないようにするためには、いち早くマリッジブルー症状に気づく必要があります。マリッジブルー症状としてよく挙げられるのは気分の落ち込みです。特にこの場合、結婚後の生活に不安が生じます。先々のことを考えてとにかく不安な気持ちでいっぱいになってしまい、何もできなくなってしまうことがあるのです。このような状態になってしまったら、すぐにでも心療内科もしくは精神科を受診してみましょう。現在の気持ちをそのまま主治医に吐き出すことで気持ちが軽くなるかもしれません。また、このような専門科にかかることで症状を緩和させたり、適切な治療を受けられたりします。

マリッジブルー症状が出たら注意したいのは、その状態を重くさせないようにすることです。重くなってしまうと治療もスムーズにできなくなってしまうことがあります。軽度の場合は早急に緩和させることもできるので、いち早く心療内科や精神科を受診しましょう。しかし、本人が症状に気づかないこともあります。身近な周囲の人たちが何となくおかしいと気づいたら、早急に連れて行ってあげることが大事です。マリッジブルー症状は特に女性に出やすく、当然、結婚式や入籍日が近づくにつれひどくなってきます。友人や家族などに気分の落ち込みが激しい人が居る場合、そして、結婚が近いというのなら、マリッジブルーを疑った方がいいかもしれません。また、優しく見守ることも大切です。不安な気持ちを吐露してもらい、ストレスを発散してもらいましょう。話を聞いてあげるだけでも心が軽くなることがあります。そして、一緒に心療内科や精神科を訪れましょう。このような状態の人は自分で受診することができない場合が多いのです。信頼できる人が一緒について行けば安心できるかもしれません。もちろんパートナーとなる人に内緒で受診することもできます。相手に心配かけたくないという人こそ、症状が重くなることがあるので、この点にはいち早く周囲が気づいてあげることが大事です。

未知の新生活への不安

ハートと聴診器 マリッジブルー症状は、結婚が現実味が出てきた時に、気分の落ち込みや抑うつ、イライラなどが見られます。女性に多く見られますが、男性も責任やプレッシャーを感じて、心身の不調が見られることがあります。早めに医療機関を受診しましょう。

詳しく見る

幸せな結婚のために

悩む女性 つらすぎるマリッジブルー症状は、メンタルクリニックのドクターを頼れば、しっかりと解消してもらえます。結婚するパートナーと利用できるため、よりよい結婚を望んでいるのなら、二人で診察を受けることも考えましょう。

詳しく見る

最低限理解すること

悩む人 マリッジブルー症状になった場合、自分で解決するのが難しいと感じたならば、精神科や心療内科に行くと良いでしょう。より真剣に話しを聞いてくれる先生を選ぶことで、問題が解決することも決して少なくもありません。

詳しく見る

両家で話し合いが必要です

診察 マリッジブルー症状は、結婚を直前に予定している男女に見られる心身の不調のことです。気分の落ち込みやイライラ、不安感、抑うつなどの症状が見られることが多いです。気になる症状が長引く場合は、心療内科を受診しましょう。

詳しく見る