症状に合わせて適切なところを受診して治療しよう

最低限理解すること

悩む人

選び方やその仕組み

結婚を希望していたのに、いざ結婚するとなるとうつになってしまう人がいます。これがマリッジブルー症状と呼ばれる病気になります。マリッジブルー症状の場合には結婚生活自体に自信を持つことができない日々を過ごしていくことになるでしょう。から、決して良い状態ではないため何らかの対策を考えなければいけません。素人の話を聞いてその状態を脱することができるならばこれに越したことはありません。しかしながら、素人ではなかなか解決できないレベルに達している場合には心療内科や精神科を選ぶのがよいでしょう。ちなみに心療内科の精神科の違いは精神面にとどまりそうでないかの違いになります。例えば精神科に通う場合には、まだ外に症状が出ていない場合です。例えば、イライラする場合や不安になる場合がこれに該当します。いずれも気持ちの中の問題ですので、精神科で十分です。しかしながら、例えば毎日熱が出てしまい動くことができない場合や頭痛やめまいなどがきており状態になっていると精神面だけの問題でもありません。このような場合には、心療内科に行くのがよいでしょう。それぞれの場合のポイントは、いかに患者の話を十分に聞いてくれるかで判断するべきです。患者の話を十分に聞いてくれれば、それだけで治療になる人も少なくありません。

マリッジブルー症状になった場合マリッジブルー症状に詳しい心療内科や精神科に行くのがよいでしょう。そこにことにより、問題が解決できる可能性が高いです。仕組みとしては、事前に予約をして後は専門家に話しをするだけです。専門家に話すときには、自分の今おかれている状況や心理状態を明確にするのが必要です。下手に恥ずかしがってしまうと妥当な対応できない可能性があります。最初カウンセリングを行うことになりますが、この時十分な話を聞いてくれるのが基本ですよく、病院ならから医者の方で何か十分な説明をしてくれるに違いないと期待する人もいます。しかし、精神科や心療内科の場合には、あまり医者のせいにしすぎてはいけないとされています。医者の方は聞かれたことだけ答えればよいだけになり、あまり自分から発言することはないでしょう。特に優秀な医者になればなるほど、自分から発言せず話しを聞くことに力を入れています。結婚後そのような状態になっている人は、たいてい話し相手がいないためそれをためこんでしまいうつ病などになっていることが考えられます。そうだとすれば、医者の役割としてはよく話しを聞いてあげることにあるといえます。このように、どちらかといえば一方的に話すことになりますが、よい先生は様々なヒントをくれるでしょう。